暮らしの小さな工夫で節約と貯蓄を両立させます。

最近、なかなか割の良い仕事がなく、お金に困っている人が多いです。

節約して、貯蓄を少しでもするためには、日々の小さな工夫が必要になります。

私の知人は、低賃金の仕事をしていますが、それでもしっかり家のローンを払っています。

彼女の暮らしを見ているとわかったことがあります。

まず、外食は基本的にはしないのが節約になるということです。

お昼のお弁当も、買えば結構お金を使ってしまうものですが、

自炊すればバランスのよいお弁当を安く食べることができます。

お弁当の内容を、質素で栄養重視にすることがポイントです。

あまり凝ったものを作ろうとすると、面倒臭くなりますから、前日のおかずの残りなどを詰めたら簡単に作ることができます。

外食は基本的にはしません。アイスクリーム一つにしても、お店で食べるのとスーパーで買って食べるのでは大違いです。

人と外で甘いものが食べたくなった時には、アイスクリームなどはもよりのスーパーで購入して、景色の良いところで食べたりすると安くあがります。

また、リサイクルショップなどで日頃の服は安く揃えることができます。

ブランドものでもシーズンが過ぎたらリサイクルショップで安く手に入ります。

こうした細やかな工夫が積もることで、節約や貯蓄になります。