食費を把握するには1週間単位がおすすめ

節約をしてお金を貯めたい場合、まず自分が何にどれだけお金を使っているのかを知る必要があります。 お金が出て行く前には、税金や公共料金の基本料金など、決まった金額支払わなければならないものと、食費のように自分のさじ加減で、

サラリーマンはマイボトルで節約できます。

サラリーマンの私の節約方法を紹介します。 サラリーマンのお小遣いは雀の涙である方も多いと思います。そこで、マイボトルを持って会社に行きませんか? マイボトルの中には、自宅で作ったコーヒーやお茶をいれておけばいいと思います

地元の信用金庫での定期預金

ある程度、貯蓄が出来てきたときに、このお金をどうしようかと考えました。あまりリスクはとりたくないので株などには手を出さず、定期預金が無難かなと思ったのですが、現在は、銀行の定期預金の金利はとても低く、普通預金の金利とほと

放っておいても貯蓄できる産物

外貨、外為、保険。。。 えーこんな酷いものをやるくらいならウォークインクローゼットにとまでは言わないけれど当然銀行かな なんて思っていた2世代前のあたい。 しかし、渡豪してあちらの利子にビックり。4パーセンテージ近かった